岩田久利いわた ひさとし

  • ガラス

叙勲 勲四等旭日小綬賞

岩田久利 略歴

1925年 東京新宿弁天町に岩田藤七の長男として生まれる。
1939年 小寺健吉画塾に学ぶ。
1941年 廣川松五郎に師事、デザインを学ぶ。伊藤熹朔に師事。
1942年 和田三造に師事、デッサン、図案を学ぶ。春台美術・本郷研究所に通う。
1951年 東京美術学校工芸部図案科卒業。
1953年 岩田工芸硝子株式会社 代表取締役社長となる。
1963年 武蔵野美術大学講師。窯業協会理事(~1967)
1972年 日本ガラス工芸協会創立、初代会長。日展評議員
1954年 常任理事、日本芸術院会員
1973年 社団法人窯業協会理事(工芸担当)。
1974年 現代工芸美術家協会評議員。
1976年 第8回日展文部大臣賞受賞。労働省より技能者表彰審査員委嘱される。
1979年 紺綬褒章受章
1986年 ニューヨークメトロポリタン美術館20世紀Design and Architecture部門に藤七・久利・糸子作品が永久収蔵される。
1994年 逝去68歳。

代表作

岩田久利の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号