金重 陶陽かねしげ とうよう

  • 陶芸
  • 人間国宝
金重 陶陽

金重 陶陽 略歴

1896年岡山県出身
1910年父:金重楳陽に師事
1932年轆轤による制作を始め、古備前の茶器を復興する
1939年川喜多半泥子を中心に「からひね会」を結成
荒川豊蔵、石黒宗磨らと「日本工芸会」の設立に尽力
1954年岡山県無形文化財「備前焼」の保持者に認定
1956年重要無形文化財「備前焼」の保持者に認定
1960年山陽新聞文化賞、岡山文化賞
1966年紫綬褒章
1967年勲4等旭日小綬章
1967年逝去

代表作

金重 陶陽の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい