加藤 卓男かとう たくお

  • 陶芸
  • 人間国宝

加藤 卓男 略歴

1917年岐阜県多治見市生まれ父加藤幸兵衛に師事
1935年岐阜県多治見工業学校(岐阜県立多治見工業高等学校)卒業
1945年徴兵された広島市で被爆。白血病を発症し約10年間、闘病生活を送る
1961年フィンランド工芸美術学校修了。
そこからイランの窯址を訪ねペルシャ陶器の研究に尽力
1963年第6回日展で特選北斗賞受賞
1973年イラン・パーレヴィ王立大学付属アジア研究所留学、
ペルシア古陶発掘調査に参加
1980年宮内庁より正倉院三彩の復元制作を委嘱される
1983年岐阜県重要無形文化財に認定
1986年トルコ・トプカプ宮殿美術館にて個展
1988年紫綬褒章受章
1992年伊勢神宮の御神宝「陶猿頭形御硯」を制作
1995年重要無形文化財「三彩」保持者に認定
2005年逝去

代表作

加藤 卓男の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号