近藤 悠三こんどう ゆうぞう

  • 陶芸
  • 人間国宝
近藤 悠三

近藤 悠三 略歴

1902年京都市清水寺下生まれ
1917年伝修所ロクロ科卒業
京都市立陶磁器試験場に助手として勤務。技手として陶器を研究中であった濱田庄司氏より窯業科学等を教わる。
1921年富本憲吉の工房で助手を勤める
1924年清水新道石段下に築窯
1928年第9回帝展初入選、以後13回連続入選。他文展など多くの作品を発表
1955年日本工芸会常任理事、陶芸部会長を歴任
1956年京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)教授
1965年同大学学長就任
1970年紫綬褒章
1973年勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章を受章
1977年重要無形文化財「染付」の保持者に認定された
1980年紺綬褒章受章
1985年逝去

代表作

近藤 悠三の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号