中里 無庵なかざと むあん

  • 陶芸
  • 人間国宝
中里 無庵

中里 無庵 略歴

1895年佐賀県唐津市生まれ(十一代中里太郎右衛門の次男)
1914年佐賀県立有田工業高校別科製陶科卒業
1927年十二代中里太郎右衛門を襲名
1929年古唐津の窯址調査を開始
1955年選択無形民俗文化財に選択され、第2回日本伝統工芸会初入選以来同展で活躍
1965年唐津焼初期の割竹式登窯を復元築窯
1969年勲四等瑞宝章
十三代中里太郎右衛門を長男に譲り、無庵と号した
1976年重要無形文化財「唐津焼」の保持者に認定
1985年勲四等旭日小綬章
逝去

代表作

中里 無庵の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい