青木木米あおき もくべい

  • 陶芸
青木木米

永樂保全、仁阿弥道八とともに京焼の幕末三名人とされる。 煎茶器を主に制作。白磁、青磁、赤絵、染付、交趾、金襴手など幅広く手がけた。 中国古陶磁への傾倒から、中国物の写しに独自の世界を開いた。 文人画系統に属する絵画にも秀作が多い。

青木木米 略歴

1767年 京都生まれ
高芙蓉に書を学ぶ
1796年 奥田頴川に師事
1797年 京都・粟田口に開窯
1806年 加賀藩前田家の招聘を受け、絶えていた加賀九谷焼の再生に尽力
1833年 逝去

代表作

青木木米の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号