井上良斎いのうえ りょうさい

  • 陶芸

初代 井上良斎 略歴

1828年 尾張(愛知県)瀬戸生まれ
通称は良吉。別号に東玉園
犬山の川本治兵衛の窯を経て、江戸の四谷、下谷で製陶
1866年 島田惣兵衛と浅草橋場町に開窯して輸出陶器などを製作

二代 井上良斎 略歴

1845年 初代良斎の養子
尾張藩御用庭焼師川本治兵衛の子として瀬戸に生まれる
初代に請われてその養子となり、2代目を継ぐ
1877年 第1回内国勧業博覧会に出品して受賞、名声を確立した
白磁の釉下着彩法をきわめ、完全な技巧を駆使した多彩な東洋的意匠を完成させて、明治の陶芸界を代表する名工となった。

三代 井上良斎 略歴

1888年 初代井上良斎の長男 東京生まれ 本名は良太郎
1914年 東京から横浜に窯をうつし、3代良斎を襲名
1928年 帝展に初入選
1953年 日展審査員
1959年 「丸文陶平皿」で芸術院賞
1966年 芸術院会員
1967年 勲三等瑞宝章
1971年 逝去

代表作

井上良斎の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい