加藤唐九郎かとう とうくろう

  • 陶芸

加藤唐九郎 略歴

1897年 愛知県東春日井郡水野村(現・瀬戸市水北町)生まれ
1911年 中根塾に入門し、南画・漢籍を学ぶ
1914年 父の製陶工場の一部の使用権を譲り受け本格的な作陶生活
1918年 本格的な瀬戸系古窯の調査に入る
1929年 瀬戸古窯調査保存会が発足し、常任理事となる
1943年 愛知県西加茂郡に築窯
1952年 織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定
1956年 中日文化賞
1960年 永仁の壺事件
1961年 国の無形文化財有資格者の認定取り消される
1965年 毎日芸術賞受賞
1974年 逝去

代表作

加藤唐九郎の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい