川喜田半泥子かわきた はんでいし

  • 陶芸
川喜田半泥子

幼くして両親と別れ1歳の頃家督を相続。16代久太夫を襲名する。
早稲田大学を卒業後、家業のみならず1903年に百五銀行の取締役、1919年は頭取、45年は会長に就任、さらに三重県会議員なども務めた。 その間、陶芸、書、絵画など多岐に渡る才能を示した。

川喜田半泥子 略歴

1878年 伊勢の木綿太物を扱う豪商、川喜田久太夫の家に生まれる
号は、泥仏道、無茶法師、莫迦耶廬主人
1912年 楽焼を開始
1934年 自身設計の登り窯を築窯。1937年に魯山人の星岡茶寮にて個展を開催
1939年 金重陶陽、荒川豊蔵らとともに「からひね会」を結成
1946年 広永陶園を設立
1963年 逝去

代表作

川喜田半泥子の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい