真葛香斎まくず こうさい

  • 陶芸

【真葛 香斎】(宮川 香斎)   まくず こうさい
真葛焼の窯元の一つで、陶芸家の名称。

【初代 宮川香斎】 1819年~1865年
宮川治兵衛春房の長男として生まれる  号「香斎」「赤こん」

【2代 宮川香斎】1846年~1922年
初代宮川香斎の養子 本名「熊二郎」 号「香斎」「善翁」「治兵衛(隠居後)」

【3代 宮川香斎】 1894年~1919年
2代宮川香斎の長男として生まれる 本名「周造」 号「香斎」「光誉」

4代 宮川香斎(初代 真葛香斎)略歴

1897年 2代宮川香斎の次男として生まれる
本名「金吾」 号「香斎」「永誉」「治平(隠居後)」
1909年 京都徒弟伝習所轆轤科に入所し、卒業後は家業に従事
1913年 4代宮川香斎を襲名
1915年 北大路魯山人が作陶の手ほどきを受けに陶房を訪れる
1929年 久田家11代無適斎宗也師事、本格的に茶道具制作に専念
1934年 無適斎宗也に「真葛焼」の箱書を授かり「真葛香斎」を号した
1972年 婿養子・三喜重に家督を譲って隠居し、「治平」を号した
1987年 逝去

5代 宮川香斎(2代 真葛香斎)略歴

1922年 東京生まれ
旧姓を杉本三喜重、号「香斎」「治平(隠居後)」
1946年 4代宮川香斎の長女と結婚して宮川家に入籍
1972年 5代宮川香斎(2代真葛香斎)を襲名
表千家13代即中斎宗左より「真葛」の印を授かる
2002年 養子・和男に家督を譲って隠居し、「治平」を号する

6代 宮川香斎(3代 真葛香斎)略歴

1944年 京都生まれ
5代宮川香斎の養子、本名を和男 号「香斎」
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入って5代宮川香斎を補佐
2002年 6代宮川香斎(3代真葛香斎)を襲名
大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室・高田明浦より「真葛」の印を授かる

代表作

真葛香斎の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい