楽吉左衛門らく きちざえもん

  • 陶芸
楽吉左衛門

【樂 吉左衛門】  らく きちざえもん
楽焼の茶碗を作る樂家が代々襲名している名称で千家十職の一つ
【初代  長次郎】 ?-1589年
【二代  常慶】 1561年-1635年
田中宗慶(長次郎の補佐役と目される)の次男。大振りでゆがみのある茶碗、「香炉釉」と呼ばれる白釉の使用を始める。
【三代  道入】 1599年-1656年
二代長男。名「吉兵衛」後「吉左衛門」。別名「ノンカウ」「ノンコウ」。本阿弥光悦の影響で多数の釉薬を使用する明るい作風が特徴。
【四代  一入】 1640年-1696年
三代の息子。名「佐兵衛」後「吉左衛門」。初代を模範としつつ、父の技法を取り入れ、地味な色調の中に光沢を持つ作風を特徴とする。
【五代  宗入】 1664年-1716年
雁金屋三右衛門の子、四代の婿養子。名「平四郎」後「惣吉」。28歳の時「吉左衛門」襲名。いっそう長次郎回帰を進める。
【六代  左入】  1685年-1739年
大和屋嘉兵衛次男、五代の婿養子。「光悦写し」の茶碗で知られる。代表作「左入二百」(享保18(1733年)作成)。
【七代  長入】  1714年-1770年
六代長男。茶道人口が町人にまで増大する中、茶碗以外に香合や花入れなど多数の作品を制作。代表作「日蓮像」(樂家所蔵)。
【八代  得入】  1745年-1774年
七代長男。父の隠居に伴い1852年に襲名するが、病弱のため、父の死後に弟に家督を譲り隠居、「佐兵衛」と改名。
【九代  了入】  1756年-1834年
七代次男。「三代以来の名工」とされ、へら削りの巧みな造形に特徴がある。文政8年に近江国石山に隠棲し、悠々自適の生涯を送った。
【十代  旦入】  1795年-1854年
九代次男。文化8(1811年)家督相続。表千家9代・了々斎と共に紀州徳川家に伺候、「偕楽園窯」開設に貢献。
【十一代 慶入】  1817年-1902年
十代婿養子。弘化2(1845年)に家督相続。明治維新後、茶道低迷期の中、旧大名家の華族に作品を納めるなど家業維持に貢献。
【十二代 弘入】  1857年-1932年
十一代長男。明治4年に家督相続するが、茶道衰退期のため若いときの作品は少なく、晩年になって多数の作品を制作する。
【十三代 惺入】  1887年-1944年
十二代長男。釉薬、技法の研究を歴代中最も熱心に行い、また、樂家家伝の研究を行い、『茶道せゝらぎ』という雑誌を刊行し発表。
【十四代 樂吉左衛門】  1918年-1980年
十三代長男。
1940年 東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科卒。
1978年 「樂美術館」開設。文化庁より無形文化財指定される
【十五代 樂吉左衛門】  1949年-※当代
本名「光博」。東京芸術大学彫刻科卒。イタリアローマに留学。
1981年 11月襲名。日本国内外で数々の賞を受賞し
1997年 織部賞受賞

代表作

楽吉左衛門の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい