諏訪蘇山すわ そざん

  • 陶芸
諏訪蘇山

初代 諏訪蘇山 略歴

1851年 加賀藩士・諏訪重左衛門好方の長男として石川県金沢市に生まれる
1873年 彩雲楼旭山に陶画を学ぶ
1893年 号を「蘇山」とする
1900年 ~06年 京都粟田錦光山陶工場改良方属託
1914年 高麗古窯旧跡調査を朝鮮王家より属託され渡朝
1917年 帝室技芸員
1922年 逝去

2代 諏訪蘇山 略歴

1890年 初代諏訪蘇山の弟・好直の次女として石川県金沢市に生まれる
1922年 2代諏訪蘇山を襲名
1977年 逝去

3代 諏訪蘇山 略歴

1932年 2代諏訪蘇山の弟・米沢蘇峰の次男として京都に生まれる
1955年 京都市立美術大学陶磁器科卒業
1970年 3代諏訪蘇山を襲名
1971年 光風会審査員就任
1976年 京都市美術展審査員就任
2002年 三女・公紀に家督を譲って隠居し、「玄心」と改名

4代 諏訪蘇山 略歴

1970年 3代諏訪蘇山の三女として生まれる
母は千家十職の塗師・12代中村宗哲
2002年 4代諏訪蘇山を襲名

代表作

諏訪蘇山の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号