高橋道八たかはし どうはち

  • 陶芸
高橋道八

【高橋 道八】  たかはし どうはち
清水焼の窯元の一つで、陶芸家の名称。

初代 道八 1740年-1804年
伊勢亀山藩出身。号「松風亭空中」。粟田口に開窯。
躍期は煎茶隆盛期でもあり、数多くの煎茶器の名品を制作した。

二代 道八 1783年-1855年
初代の次男。「仁阿弥道八」の名で著名である。

三代 道八 1811年-1879年
二代の長男。号「華中亭」「道翁」
1869年 佐賀藩の招聘により伊万里焼技術指導。青磁、雲鶴模様、三島手、刷毛目を得意とし、煎茶器の名品を多数製作した。

四代 道八 1845年-1897年
三代の息子。名「光頼」号「華中亭」。1874年 襲名。
京都府勧業場の御用係として活躍。青花磁・彫刻・白磁を得意とする

五代 道八 1869年-1914年
本名「小川勇之助」。滋賀県甲賀郡出身。四代死去時に子息幼少のため、一時的に名跡を嗣ぐ。

六代 道八 1881年-1941年
四代次男。本名「英光」、号「華中亭」。先代、及び四代の陶法をつぎ、染付煎茶器に名品がある。

七代 道八 1910年-1983年
本名「光一」

八代 道八 1938年-2011年
京都市出身。七代長男。
父・七代道八に師事。 1983年 襲名。

代表作

高橋道八の作品買取なら

買取実績豊富な”ますけん”にお任せ下さい

  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号