琴・三味線買取

【琴・三味線の買取なら “ますけん” にお任せください】

ますけんでは琴・三味線の買取しております。売却をご検討のお品物がございましたら、0120-134-003又はフォームまでお気軽にご相談下さい。

【主な買取対象品】

  • 十三絃箏、十七弦琴、麻型彫り(通称ダイヤモンド彫り)、子持ち綾杉彫り、綾杉彫、銘有琴、山田流箏、生田流箏、象牙琴柱、くり甲琴、紅木玉縁巻 会津桐玉杢 、紅木猫足、象牙無垢猫足、他
  • 津軽三味線、義太夫、地歌民謡、長唄三味線、象牙撥、鼈甲撥 他


【琴について】

■琴の分類・種類
日本で琴と呼ばれるものは、琴、箏、和琴などがあります。
琴として分類されるもの・・・大正琴/一絃琴/二絃琴/七絃琴(古琴)
琴の種類・・・上角巻/半上角巻/角巻き/ベタ巻き/玉縁くり甲/十七弦

琴の甲裏面にある彫模様は音響効果と装飾を兼ねています。彫りの種類は麻型彫り、子持綾杉彫り、綾杉彫り、簾れ目彫りなどがあり、特に麻型彫り、子持綾杉彫り、綾杉彫りは高価買取の対象となります。
又、琴の装飾として一番欠かせず、日本独特の工芸として際立つ部分になるのが蒔絵です。蒔絵は漆で塗り、金銀スズ粉などを蒔きつけたものですが、蒔絵と一緒に施されるのが象牙などを使った象嵌です。この蒔絵と象嵌の装飾が豪華であればある程査定額も上がります。さらに琴の等級で一番重要となるのが木目になりますので、複雑な木目を持つ琴ほど高級品、音色も良いとされています。



【三味線について】

三味線は日本の有棹弦楽器です。はじいて演奏する撥弦楽器です。
皮は一般に猫の腹を使用していましたが、高価な事と生産量の減少により現在は稽古用など全体の7割程度が犬の皮を使用しています。
■三味線の種類
三味線を大きく分けると棹の太さにより、細棹、中棹、太棹の 三種類に分かれます。 又、民謡や現代邦楽の世界では、長さを短くした短棹もあります。 胴の大きさもそれぞれ棹の太さにより異なります。
太棹三味線:津軽三味線/義太夫三味線
中棹三味線:常磐津三味線/清元三味線/地唄三味線/新内三味線/民謡
細棹三味線:長唄三味線、河東節、荻江節、俗曲、山田流筝曲用など

各種買取しております。買取一例

  • 琴 買取
  • 琴 買取
  • 琴 買取
    琴 蒔絵
  • 琴 買取
    鶴松蒔絵
  • 琴 買取
    象牙琴柱
  • 琴 買取
    三味線
  • 琴 買取
    高級津軽三味線

琴・三味線買取 関連項目

【楽器の買取品目】

ますけんの買取品質

ますけんでは買取経験豊富な専門スタッフが、お客様の大切なお品物を 一点一点丁寧に査定・買取いたします。

私共では、多数の美術専門オークションに参加しており、市場の動向を踏まえた上でしっかりと査定をしております。

査定額にご納得頂けましたらその場で現金でのお支払い、折り合いがつかなかった場合でもキャンセル料は一切頂きません。また、お品物や個人情報は厳正に管理しておりますのでご安心ください。

  • 現金買取
  • 高値買取
  • 秘密厳守
  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号