鉄瓶買取

【鉄瓶 の買取なら “ますけん” にお任せください】

ますけんでは古い鉄瓶を強化買取しております。無名の古い鉄瓶をはじめ、象嵌細工や彫金細工のある美術的要素の高い鉄瓶の他、龍文堂や亀文堂などの作家ものの鉄瓶など、お使いになっていない鉄瓶がござましたらお気軽にご相談下さい。古い鉄瓶は日本のみならず、近年では中国からも人気を集めています。金銀象嵌が施されたものや摘みが翡翠になっているなどの意匠の凝った鉄瓶は高価買取の対象となります。遺品整理や生前整理、蔵の整理などで鉄瓶が出てきましたら、鉄瓶の買取実績のあるますけんまでお電話又はメールにてお問合せ下さい。

【主な買取対象品】

  • 古い鉄瓶
  • 龍文堂
  • 作家もの
  • 銀瓶
  • 金瓶
  • 亀文堂
  • 雨宮金寿堂
  • 光玉堂
  • 金祥堂
  • 龍泉堂
  • 金栄堂
  • 尚古堂
  • 大西清右衛門
  • 宮崎寒雉
  • 雨宮宗
  • 金谷五郎三郎
  • 和田美之助
  • 秦蔵六
  • 大国寿朗
  • 明珍
  • 波多野正平
  • 西垣一瑳
  • 中川浄益
  • 日本梅泉
  • 鈴木光重
  • 角谷一圭
  • 畠春斎
  • 石黒光南
  • 省鋳堂省三
  •  他

各種買取しております。買取一例

  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶
  • 鉄瓶

鉄瓶 関連項目

鉄瓶買取作家

鉄瓶高価買取のポイント

ポイント1 ポイント2 ポイント3
年代希少性状態
年代 希少性 状態
ポイント1年代年代
ポイント2希少性希少性
ポイント3状態状態

鉄瓶の美術品としての評価は、作家と意匠・技法・状態などで決まります。 龍文堂や亀文堂などの古い時代の工房ものや、人間国宝や有名作家のものなどは、胴や蓋の裏などに刻印がある場合が多いです。持ち手や胴に動物や風景などの金銀象嵌の入ったものや、摘みが翡翠になっているもの、霰(あられ)と呼ばれる突起に覆われたものなどは査定額が高くなります。 鉄瓶は鉄という性質上錆やすいものなので、長い間しまったままにしていると、湿気などによって次第に錆が生じてきます。錆びていないものの方が査定額は上がりますが、多少の錆でしたら買取できる場合が多いです。状態としては穴が開いていたり、持ち手が取れていたりという場合にはお値段がつかない場合もありますが、ものによっては買取対象となる場合もございますので、是非一度ご相談下さい。

鉄瓶買取についてのQ&A

鉄瓶を買い取ってもらうにはどうしたらよいですか?
まずはお電話かお問い合わせフォームにてご連絡下さい。その際に鉄瓶の内容や状態などをお知らせください。作家名などがわかればお知らせ頂けるとよりスムーズにご査定ができます。
写真を送る場合はどこを写したらよいですか?
鉄瓶の全体像と詳細画像、さらに作者の刻印がある場合はその画像もお送りください。
錆びていますが買い取ってもらえますか?
錆びていないものの方が査定額は上がりますが、多少の錆びでしたら買取できる場合が多いです。

ますけんの買取品質

ますけんでは買取経験豊富な専門スタッフが、お客様の大切なお品物を 一点一点丁寧に査定・買取いたします。

私共では、多数の美術専門オークションに参加しており、市場の動向を踏まえた上でしっかりと査定をしております。

査定額にご納得頂けましたらその場で現金でのお支払い、折り合いがつかなかった場合でもキャンセル料は一切頂きません。また、お品物や個人情報は厳正に管理しておりますのでご安心ください。

  • 現金買取
  • 高値買取
  • 秘密厳守
  • お気軽にお問い合わせ下さい
  • メール
  • お問い合わせフォーム
  • 電話番号